血管肉腫
 HOME >病気一覧 > 犬と猫の血管肉腫

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の血管肉腫

血管肉腫

血管の内皮細胞より発生する悪性腫瘍で悪性血管内皮腫とも言われます。
肉腫として発生するだけではなく、血管腫の悪性化としても発生します。
腫瘍の好発部位は内臓(脾臓・心臓等)と皮下組織と言われていますが、
血管が存在する全身の組織(骨・中枢神経・鼻腔・口腔・膀胱等)にも発生します。
腫瘍の発生平均年齢は9〜10歳でシェパードによくみられ、性別差では雄犬に多く見られます。
短毛で皮膚組織のない犬種の腹側腹部や陰嚢の皮膚に高頻度に発生するようです。
ダルメシアン・ビーグルなどは本肉腫の皮膚発生リスクが高いと言われています。

血管肉腫の症状

転移は急速で血行を介して肺・肝臓・心臓・大網膜・筋肉・脳などへ起こります。
発症部位により異なりますが、咳・呼吸困難や食欲不振等様々な症状があります。

血管肉腫の原因

皮膚及び皮下組織にみられるものは、その発生原因として長期間又は、
強い太陽光線・紫外線を浴びる事等が挙げられています。他加齢・放射線
・化学的発癌物質・ホルモン・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられています。




© pets-happy.com