骨の癌と腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の骨の癌と腫瘍

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の骨の癌・腫瘍

骨の癌と腫瘍

骨に出来る癌(主に骨肉腫)で、大型犬の前足に多く見られ、平均7歳での発症が
多いようです。主な骨の腫瘍には良性腫瘍として骨腫、悪性腫瘍で骨肉腫や
軟骨腫があります。大型犬で外傷やねんざ等が無いのに足首や骨の関節の
周囲に腫れがあったり足を引きずっている場合は骨のガンの可能性もあるようです。

骨腫(こつしゅ)
骨腫は良性の腫瘍です。骨の塊として見られ徐々に大きくなります。特に若い犬に
発症すると急速に大きくなります。発生部位によっては歩行困難・足を引きずる
場合がありその時は手術等を行うようです。

骨肉腫(こつにくしゅ)
臓器などに転移しやすい悪性の癌ですが、初期に発見できても肺への転移が
みられるようです。

軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)
軟骨成分から発生する悪性の癌で足の関節の腫れや歩行異常で気付く事が多いようです。

骨の癌と腫瘍の症状

ケガをしていないのに足をひきずったり歩き方がおかしかったり腫れてくるなどが
見られます。痛みがあるため触られるのを嫌がります。骨のガンは発生部位を
放置していると大きく増殖し続け肺などに転移し、体中に激しい痛みをともないます。
犬の命を救う為には足の切断が多いようです。

骨の癌と腫瘍の原因

はっきりとは分かっていないようですが、遺伝的要素や免疫不全等もあるようです。
大型犬は、小型犬に比べて幼少期の成長が早く、一気に大きく成長するので骨や
関節に負担がかかり、関節炎や骨の異常・骨の癌が多いという見方もあるようです。




© pets-happy.com