口の癌と口腔内の腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の口腔内の腫瘍

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の口の癌・口腔内の腫瘍

口の癌と口腔内の腫瘍

全ての種にかかりやすく、すべての癌の6%が口腔内腫瘍で口内の粘膜や唇・舌・歯槽口蓋
・口腔蓋・歯等に発症する癌・腫瘍です。進行が早く、顎や骨に癌が浸透することも多くあります。
この部位で見られる良性腫瘍は、乳頭腫・線維腫・脂肪腫・軟骨腫・骨腫・血管腫・血管外膜腫
・組織球腫・等が挙げられています。口腔内によくみられる悪性の悪性黒色腫・扁平上皮癌
・線維肉腫等があります。黒い腫瘍ができる悪性黒色腫は他に転移する可能性が高い癌で、
口内がただれたり潰瘍ができるのは扁平上皮癌です。繊維肉腫はコブのようにもり上がります。
発症年齢は7〜12歳が多くみられます。

口の癌と腫瘍の種類

乳頭腫
若齡にみられる良性腫瘍です。腫瘍は頻粘膜・舌・口蓋・咽頭・喉頭蓋・口唇に多発性腫瘤
(コブ)として見られ、同様の腫瘍は皮膚や生殖器には腫瘍を形成しないと言われています。
ウィルス感染により乳頭腫が形成され、腫瘍先端でウィルスの増殖が起こります。唾液や直接
接触により感染し潜伏期間は1ヶ月と言われています。治癒率も高く数ヶ月で消失する様です。

エプリス
良性の腫瘍です。歯ぐきに出来る腫瘤(コブ)で歯ぐきがもり上がった様にみえ、徐々に大きくなります。
線維性・骨性・棘細胞性(きょくさいぼうせい)の3種類あり、棘細胞性エプリスは腫瘍細胞が周囲に
しみこむ様に広がります(浸潤性)。その為顎骨も含めて腫瘍を切り取らないと再発する事があるようです。

悪性黒色腫
口腔の粘膜や舌に発症し、急速に大きくなって、病気の初期にはリンパ節や肺に
転移する事がある悪性の癌です。

扁平上皮癌
口の中の粘膜にただれや潰瘍がみられます。腫瘍表面は弱くすぐに出血をします。

線維肉腫
線維肉腫は、外見がエプリスと似ていますが急速に大きくなり1ヶ月で2倍以上になり2p程の
大きさになると自然に崩れます。臓器やリンパ節への転移は比較的少ないと言われています。




© pets-happy.com