良性腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の良性腫瘍(腺腫・脂肪腫・上皮腫)

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の良性腫瘍

良性腫瘍

 腺腫(せんしゅ)
腺腫は、油脂を分泌する皮脂腺から発症するため皮脂腺腫とも呼ばれます。
腺腫はゆっくりと増殖し、大きくなると表面に潰瘍が起こることもあります。
瞼・耳の内部(耳道)・肛門周囲・指の間等によく発症が見られます。
特に瞼に発症した場合は、ものもらいだと思ってもなかなか治りが悪い時は
皮脂線種だったと言う事が多いようです。腫瘍はあまり広がらず、表面は平らで滑らかです。

 脂肪腫(しぼうしゅ)
脂肪腫は良性腫瘍で、無痛と言われます。やわらかくて弾力性のある脂肪のかたまり
(楕円形)が皮下にできる事が多く、腫瘍の発育はとても緩やかで数年かかって徐々に
大きくなります。肥満した中齡又は老齢の雌犬の脇腹・胸部・前胸骨部等の皮下脂肪
組織に良く発生する様です。筋肉の間にできることもあり、その場合は歩き方が
おかしくなります。発生平均年齢は8歳でラブラドールレトリーバー・ダックスフント
・コッカ−スパニエル・プードルやテリアなどの小型犬種にも多くみられます。

 上皮腫(じょうひしゅ) 
皮膚のいたるところに発症し、茎をもつキノコのような形にもりあがります。




© pets-happy.com