肛門周囲腺腫
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の肛門周囲腺腫

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫

肛門周囲腺は皮脂腺の変化したものです。肛門の周囲には3種の特殊に分化した腺があり、
その中で最も重要なものが、一般に皮脂腺の変化したと言われる肛門周囲腺です。肛門周囲腺から
発生する腫瘍は腫瘍の中で非常に頻度の高い腫瘍の一つで、高齢の去勢していない雄の犬に
多く見られ、雌はごくまれに発生する様です。雄の肛門周囲腺腫の多くは良性で雌は悪性が
ほとんどです。しかし良性でも悪性に変化することもあるようです。

肛門周囲腺腫の症状

化膿・出血・膨らみ等が見られます。又、進行した状態になると、
排便異常(便が出にくい・便が変形)も見られます。

肛門周囲腺腫の原因

雄性ホルモンが関与しているため、去勢した発生率は低く、逆に性ホルモンが多量に分泌される
副腎皮質機能亢進症では、雌でもこの腫瘍が見られることがあります。加齢・紫外線・放射線
・化学的発癌物質・ホルモン・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられています。




© pets-happy.com