呼吸器の癌と腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の呼吸器(鼻腔・肺・気管)の癌と腫瘍

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の呼吸器(鼻・肺・気管)の癌・腫瘍

呼吸器の癌と腫瘍

呼吸器系の腫瘍は、鼻腔及び副鼻腔の腫瘍・喉頭の腫瘍・気管・気管支の腫瘍・肺腫瘍に
分けることができます。鼻腔・副鼻腔の腫瘍は全腫瘍の1〜2%といわれ、喉頭腫瘍や気管・気管支の
腫瘍は極めて少ない病気です。 原発性肺がん(肺から発症した肺がん)の発症はまれで、
骨腫瘍や軟部組織腫瘍からの転移がある為、二次的・転移性の肺がんの方が比較的多い様です。
いずれも初期の段階で発見される事は少なく、かなり進行した時点での診断が多い様です。

鼻腔・副鼻腔の腫瘍(癌)
良性の腫瘍の場合や悪性の腺癌・扁平上皮癌・繊維肉腫の場合があります。
症状・・
膿や血が混じった鼻汁・いびき・クシャミ・眼球突出・顔面部の変形・呼吸困難など

喉頭の腫瘍(癌)
腫瘍(癌)の種類には腺腫・腺癌・骨肉腫・血管肉腫・肥満細胞腫・リンパ肉腫などに
よるものがあげられています。
症状・・
呼吸困難・嚥下困難(えんか:口の中の物を飲み込めない)・変声
・喘鳴(ぜんめい:ぜぃぜぃ・ひゅうひゅうという呼吸音)など症状があります。

気管・気管支の腫瘍
腫瘍(癌)の種類には気管骨軟骨腫・骨肉腫・扁平上皮癌・気管支腺癌などに
よるものがあげられています。咳・喀血(かっけつ:気管支や肺等から出血して
血を吐き出す)・呼吸困難・喘鳴(ぜんめい:ぜぃぜぃ・ひゅうひゅうという呼吸音)
・チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫になった状態)・吐き気などの症状があります。

肺腫瘍(癌)
腫瘍(癌)の種類には繊維肉腫・軟骨腫・脂肪腫・血管肉腫などによるものがあげられています。
症状・・
肺腫瘍:咳・呼吸困難・喀血(かっけつ:気管支や肺等から出血して血を吐き出す)
・チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫になった状態)などがあります。




© pets-happy.com