皮膚癌と皮膚腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の皮膚癌と皮膚腫瘍

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の皮膚癌・皮膚腫瘍

皮膚癌と皮膚腫瘍

皮膚と皮下に発生する癌・腫瘍で発生部位や種類も様々に異なる病気です。皮膚や皮下組織の
腫瘍は、腫瘍の約31%を占め、乳腺腫瘍についで多い癌の病気です。体表の腫瘍は良性と
悪性(がん)があり、良性腫瘍は腺腫・脂肪腫・上皮腫等があり、悪性腫瘍では肥満細胞腫・腺癌
扁平上皮癌などがよく発生するようです。

皮膚癌と皮膚腫瘍の症状

がん・腫瘍の種類によって症状はことなりますが、皮膚の盛り上がり等、普段は無いはずのしこりなどが
発生します。最初は柔らかいですが悪性になると硬くなったり大きくなったりします。発生部位によって
食欲不振や、嘔吐・歩行困難など様々な症状が現れます。腫瘍の種類によって肉眼では皮膚病や
潰瘍、外傷か区別がつかないことがあるようです。

皮膚癌と皮膚腫瘍の原因

加齢・紫外線・放射線・化学的発癌物質・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられています。




© pets-happy.com