肛門嚢炎
 HOME >肝臓・膵臓 > 犬と猫の肛門嚢炎

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の肛門嚢炎

肛門嚢炎

肛門には多くの分泌腺がみられ、肛門嚢は肛門の両側にある小さな袋状の嚢で、
においのある分泌液を作り便に臭いをつける働きがあります。この肛門嚢に炎症がおきます。

肛門嚢炎の症状

おしりを地面にこすりつけたり、頻繁に舐めたりします。ひどくなると,、肛門嚢という
肛門の両側にある袋状の小さな嚢が腫れて破れ痛みが起こります。
さらに、細菌感染すると、、化膿や膿瘍となり膿や血液を排出します。
炎症などで管が閉まっていると肛門嚢で分泌物が異常に濃くなったり、化膿したりします。

肛門嚢炎の原因

肛門嚢から分泌される液は、通常は排便時の圧力によって押し出されますが、
それが詰まり溜まると肛門嚢に細菌が感染して炎症を起こしやすくなります。
肛門嚢に炎症が起きると膿が溜まり膨らんできます。肛門嚢の膨らみは見て分かります。
普段から肛門をチェックし、溜まっているようなら搾り出してあげるなど肛門嚢の
分泌物が出にくい犬は定期的に行ってあげることがよいです。




© pets-happy.com