好酸球肉芽腫症候群
 HOME >皮膚病 > 犬と猫の好酸球肉芽腫

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の好酸球肉芽腫症候群

好酸球肉芽腫症候群

肉芽腫とも言われ、猫の皮膚病によくみられる病気です。
体の至る所が脱毛し、ただれを起こす疾病です。

好酸球肉芽腫症候群の症状

全身の脱毛と、かゆみがひどく、患部のただれや潰瘍が起こります。
唇に潰瘍ができる事もあり、部分は赤茶色に変色し厚くなり、ジュクジュクします。
この場合は痒みや痛みは無いようです。

好酸球肉芽腫症候群の原因

様々なアレルギーの併発が原因とも言われ、はっきりした原因を特定する事は
難しいのですが、蚊の吸血や細菌、寄生虫などもあり、
免疫関係やストレスが関係しているとも言われます。




© pets-happy.com