日光過敏症候群
 HOME >皮膚病 > 犬と猫の日光過敏症候群

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の日光過敏症候群

日光過敏症候群

強い日差しにさらされた為に起こる皮膚の炎症です。白い猫に多いと言われる病気です。
動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。
この免疫機能が普通は反応しない物に過剰に働いてしまい体に害を与えてしまう事があります。
これをアレルギーと言って、その原因となるなる物資(紫外線等)をアレルゲンと言います。

日光過敏症候群の症状

頭部に斑点ができ、頭部や顔の脱毛が起こります。かゆみは少ないと言われ、
重度になると潰瘍になり、皮膚がんを発症することもあります。

日光過敏症候群の原因

日光に含まれる紫外線が原因と言われます。皮膚の細胞内での修復作業が紫外線によって
妨害されている事が原因とも言われます。遺伝的にメラニン色素の薄い猫や白色の猫、
又目が青い色の猫に多く発症しやすい病気の様です。紫外線に浴びないようにする事が
大切ですが、全く紫外線を浴びない様にする事は困難なので、なるべく日陰や、
屋内での生活をする様に心がける事が大切です。




© pets-happy.com