膿皮症
 HOME >皮膚病 > 犬と猫の膿皮症

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の膿皮症

膿皮症

膿皮症は発生頻度が極めて高く見られます。黄色ブドウ球菌などの細菌が感染し発症します。
原因の細菌は珍しい菌ではありません。普段の生活環境の中に常に存在している細菌が、
皮膚が傷ついた事をきっかけとして皮膚内部に入り込んで炎症を起こしています。
ひっかき傷等の他、蚊に刺された後に感染し、膿皮症が発病する事もあります。

膿皮症の症状

膿皮症の発生箇所は顔・脇・指の間・股の内側に多く発生し、膿皮症は非常に強い痒みを
伴います。初期に皮膚表面に小さな赤い湿疹が出てきます。病気が進行すると広がっていき、
湿疹の中心部が色素沈着で黒くなります。噛んだりひっ掻いたりし毛が抜け脱毛します。
細菌が皮膚の深部まで侵入すると幹部が膿んだり発熱を起こしたりします。




© pets-happy.com