接触性アレルギー
 HOME >皮膚病 > 犬と猫の接触アレルギー

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の接触性アレルギー

接触性アレルギー

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。
この免疫機能がある特定の物質等に接触すると、普通は反応しない物に過剰に
働いてしまう為、体に害を与えてしまう事があります。これがアレルギー性皮膚炎の
中の接触アレルギーと言って、その原因となるなる物資(プラスチック等)をアレルゲンと言います。

接触性アレルギーの症状

特定物質に接触した部位(皮膚等)のかゆみ・発疹・脱毛が見られ、
特に体毛が少ないお腹や、首等に多い様です。

接触性アレルギー原因

原因物質は数多くあります。例えば壁に使用されている材料・食器に使用されている
化学物質・雑草など様々です。根気強くアレルギーとなる物質を特定する事が大切です。
皮膚炎が起きている体の場所を把握する事が大事です。首にだけ病変が見られる
場合は首輪が原因と言うことが推測され、口にだけ病変が現れているのであれば、
食器がアレルゲンと推測できます。よく発症部位や症状を観察し、アレルゲンを
特定することが大切です。原因物質が明確になれば、それを取り除く事が有効です。
普段からの規則正しい生活や、原因を特定できれば、首輪等は革製のものに変更したり、
食器やシーツを変えたりできるので、アレルギーのなかでは比較的完治する可能性が
高い病気です。しかし、アレルギーと言う病気は繰り返し発症する為、
予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、根本的な体質改善と
免疫力を高めることが大切です。




© pets-happy.com