アトピー性皮膚炎
 HOME >皮膚病 > 犬と猫のアトピー性皮膚炎

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。
この免疫機能がアレルゲンであるホコリ・ダニの糞などを鼻や口から吸引し、普通は
反応しない物に過剰に働き体に害を与えてしまう事があります。これがアレルギー性
皮膚炎の中のアトピー性(吸引性)皮膚炎です。アトピー性の皮膚病は遺伝的素因が
大きく関係すると言われる慢性の皮膚病です。慢性化しやすく又一時的に治っても
再発しやすい皮膚の病気です。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の犬の症状は強い痒みの為、患部を頻繁に掻く仕草が見られます。
その為皮膚が傷つき、皮膚は赤くただれ、炎症や脱毛があります。
また、皮膚の一部が厚くなり乾燥してくる事もあります。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピーはあらゆる抗原がアレルゲンと言われます。ハウスダスト・ノミ・食物・花粉・菌
・免疫不全などが挙げられています。痒みの他の原因(細菌感染、外部寄生虫、
食物アレルギーやノミアレルギー)と区別することが重要で、原因を特定することが先決です。
治療法はアレルゲンが特定できた場合は、それを排除する事です。被毛や環境を清潔に
保つ事を心がけ、外用薬や内服薬の投与が主に行われていますが、薬の補助として
免疫強化作用のあるサプリメントが使用されることも多くあり、免疫強化が非常に
重要視されています。




© pets-happy.com