内分泌性皮膚病
 HOME >皮膚病 > 犬と猫の内分泌性皮膚病

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の内分泌性(ホルモン)皮膚病

内分泌性皮膚病

皮膚や被毛に大きな影響を与えるのが甲状腺ホルモンと副腎皮質ホルモンです。
ホルモンのバランスが崩れ発症する皮膚病を内分泌性(ホルモン性)皮膚病と言います。
動物の体内では色々なホルモンが分泌され、体内環境・臓器・組織の働きを調節しています。
皮膚や被毛もホルモンの影響を受けています。その為ホルモンバランスが崩れると
皮膚炎や脱毛をする事があります。

内分泌性皮膚病の症状

ホルモン異常で起こる皮膚病は左右対称に毛が抜けていきます。他の種類の皮膚病と
違い痒みがほとんどありません。甲状腺機能低下症でも、首や胸をはじめ全身に左右対称に
毛が抜ける事があります。元気がなくなる・食欲亢進・肥満になる・動作が鈍くなる等の症状も
見られます。副腎皮質機能亢進症の脱毛は胴体が中心で頭や足にはあまり起こりません。
脱毛部分は皮膚が薄くなったり乾燥したりします。脱毛以外に大量に水を飲む・尿の量が
増える・大量に食べる等の異常が現れます。

内分泌性皮膚病の種類

甲状腺機能低下症
何らかの原因で甲状腺が萎縮すると、甲状腺ホルモンの分泌が低下(甲状腺機能低下症)
します。このホルモンには毛の発育を助ける働きが備わり、不足すると毛が切れたり抜けやすくなります。
副腎皮質機能亢進症
副腎皮質ホルモンは、何らかの原因で分泌が多すぎる(副腎皮質機能亢進症又は
クッシング症候群)と脱毛が現れます。副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)を長期間使用
している場合にも分泌過剰になります。主な症状は脱毛です。




© pets-happy.com