アレルギー性皮膚炎
 HOME >皮膚病 > 犬と猫のアレルギー

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫のアレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

動物には細菌やウィルス等の外的を排除しようとする免疫機能が備わっています。この免疫機能が
ホコリやダニなど普通は反応しない物に過剰に働いてしまう為、体に害を与えてしまう事があります。
これをアレルギーと言って、その原因となるなる物資をアレルゲンと言います。

アレルギー性皮膚炎の症状

強い痒みのためしきりに引っ掻いたり舐めたり咬んだりします。その為皮膚が傷つき、表皮がはがれて
潰瘍ができたり出血したりします。体液がでてジュクジュクしたり、それが乾燥してフケのような物が
でてきたりします。皮膚の状態が悪化すると脱毛や毛が薄くなっりします。アトピー性皮膚炎や
食物性アレルギーは外耳炎を伴う事もあります。皮膚炎の種類により症状が現れやすい箇所が
ありますが、病気が進行するにつれ患部は全身へと広がっていきます。アレルギー性の皮膚炎を抑え、
治すにはアレルゲンを取り除く事と、免疫機能を正常に働くようにする事がとても大切です。

アレルギー性皮膚炎の原因

生活環境や最近の食べ物の変化などからある程度の原因物質を特定できます。可能性のある
アレルゲンを与えて反応を見る事で原因を特定できれば、できるだけ生活の中から排除します。
しかし、アレルゲンを特定できない事も多くあり、ほこりやダニを完全に排除する事は非常に困難です。
アレルギー性皮膚病を発症すると、治った様に見えても再発する事もある為、長期間根気強く対処
する事と、常に体や被毛のチェック等を行うことが必要です。




© pets-happy.com