膣癌と膣腫瘍
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫の膣癌と膣腫瘍

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫の膣癌・膣腫瘍

膣癌と膣腫瘍

外陰部と膣の腫瘍は犬の雌の生殖器の癌腫瘍として、最も一般的なものです。
その大部分は繊維性又は平滑筋を起源とする良性腫瘍です。
従って平滑筋腫線維腫・平滑筋線維腫・ポリープ等で、発生頻度の最も高いのは
平滑筋腫です。外陰部を外から触ってしこりがある場合、あるいは外陰部から
腫瘤が飛び出している場合があります。

膣癌と膣腫瘍の症状

癌の進行度等により様々ですが、食欲不振・嘔吐・排尿や排便異常がみられます。

膣癌と膣腫瘍の原因

腫瘍の発生は、ホルモンのエストロゲンにより促進され、卵胞嚢腫やエストロゲン産生卵巣腫瘍等と
合併する場合が多く、その為卵巣摘出をしたものに比べ卵巣摘出していない雌犬に多く発症します。
悪性腫瘍は少ないですが中では平滑筋肉腫・扁平上皮癌などが一般的に挙げられます。
これらは浸潤性で血液あるいはリンパ液を介して転移が起こると言われます。加齢・紫外線
・放射線・化学的発癌物質・ホルモン・ウィルス・遺伝性・免疫不全等挙げられています。




© pets-happy.com