リンパ腫
 HOME >癌・腫瘍 > 犬と猫のリンパ腫

サプリメント

MENU1
病名別の一覧へ
MENU2
体や行動の何でも知識
ボディーランゲージ(表現)、体の仕組み、食事など

犬と猫のリンパ腫

リンパ腫

リンパ組織は顎の下・脇の下・股の付け根・胸腔・腹腔など体の至る所に存在します。
悪性リンパ腫やリンパ肉腫と呼ばれリンパ節・胸腺・消化器・皮膚などにあるリンパ組織から発生する
悪性腫瘍です。本来生体には外部のウイルスや細菌などの「敵=異物」から体を守る重要な免疫の
役割が白血球の一種(リンパ球)です。リンパ器官には、リンパ節(腺)などのリンパ器管と脾臓や肝臓、
腸管などにふくまれるリンパ組織があります。カゼをひくと、リンパ節が腫れるのは、リンパ球が体内に
侵入したカゼのウイルスと闘い抵抗しているからです。その重要なリンパ球の遺伝子が何らかの要因で
傷つき、細胞が腫瘍化して、リンパ器官内で固まりをつくって分化・増殖する病気がリンパ腫あるいは
リンパ肉腫という悪性腫瘍です。発生部位により様々な進行過程で腫瘍の転移や他のリンパ節
及び多くの内臓や骨髄を侵す病気です。リンパ腫の発生率は全悪性腫瘍の8〜10%を占めると
言われています。リンパ肉腫の症状は発生した場所等により異なった症状が現れ、遺伝や発癌
物質の摂取(食事や生活環境)・免疫不全等の原因があげられています。

リンパ腫の種類

多中心型リンパ腫
局所あるいは全身のリンパ節に発生する型で、犬では最も多い一般的なタイプです。
体のあらゆるリンパ節が腫れ、多くは顎の下のリンパ節が大きくなってから気付きます。
食欲不振・元気消失・体重減少・発熱・貧血を起し、高カルシウム血症がある場合は
多尿と多渇症がみられます。眼球異常も(ブドウ膜炎・眼出血)30%の犬にみられます。

皮膚型リンパ腫
皮膚および皮下組織へ腫瘍細胞が浸潤して起こります。変化に富んだ皮膚病変を
形成する型です。この型は非常にまれですが、口腔粘膜に発生する事もあります。
皮膚の湿疹・発疹で痒み等から始まり、潰瘍化し結節性の病変へと進行し最終的には
近隣のリンパ節や内臓への転移を起し全身へと進みます。しかし、肉眼では皮膚病との
区別がつかないようです。

消化器型リンパ腫
消化管とその付属リンパ組織に発生する型で腫瘍が胃や腸の一部、限られた範囲に
発生するものや胃と腸の全体に及ぶものがあり、腸や腹腔が腫れます。
リンパ腫全体の5〜7%におこりメスよりオスに多いと言われます。出血性または
非出血性の嘔吐や下痢がみられ腸管にリンパ腫が広がっていると、腸閉塞や
吸収不良・体重減少・食欲不振・低タンパク血症等が見られます。

縦隔型リンパ腫(じゅうかくがた)・胸腺型
リンパ腫中約5%に見られ、胸腔内にある前縦隔リンパ節又は胸腺、この両方に
発生する型です。 リンパ節が腫れ、リンパ節の腫脹による気道の圧迫や、胸水が
貯留し肺が圧迫されることにより呼吸困難や咳が出て、又リンパ節の腫脹が前大静脈を
圧迫するため顔面や前肢に浮腫が出る事もあります。発症した約半数例は高カルシウム
血症が見られ、多飲多渇・多尿・食欲不振・衰弱などが見られます。

その他のリンパ腫(節外型)
リンパ節以外に出来るリンパ肉腫で、中枢神経・骨・心臓・鼻腔内・眼球等の限られた
場所に発生する極めてまれな型です。

リンパ腫のステージ

ステージI : 1ヶ所のリンパ節・リンパ器官に限局(骨髄を除く。骨髄のみでリンパ球が
         増殖するのは白血病に分類される)に限られる場合はステージTと分類。
ステージII : 数ヶ所のリンパ節の腫脹。扁桃腺が侵されている場合も、いない場合もある。
ステージIII : 全身のリンパ節の腫脹
ステージIV : 肝臓・脾臓にリンパ腫が波及。
         全身のリンパ節に病変を伴う場合も、伴わない場合もある。
ステージV : 血液、骨髄、その他の臓器に発現。末梢血管や骨髄に腫瘍細胞が出現、
          リンパ腫がリンパ器官以外の臓器に波及

<リンパ腫のサブステージ>
各ステージは更に臨床的サブステージa(臨床症状なし)またはb(臨床症状あり)に分けられる。
臨床症状とは、元気消失、食欲不振、嘔吐、下痢などの目に見える様々な症状のこと

サブステージa : 臨床兆候なし(元気・食欲があり、下痢・嘔吐の症状がない)
サブステージb : 臨床兆候あり
一般的にステージI〜IIIの状態である場合、いつもの調子と変わらず、
元気や食欲がある場合が多いです。
ステージが進行するほど、予後が悪くなり、またサブステージaからサブステージbに
移行すると予後が悪くなる事が多い様です。




© pets-happy.com